知識1.クレジットカードとの違い

知識1.クレジットカードとの違い

知識1.クレジットカードとの違い

カードローンの重視すべきポイントとして挙げられるのが、利用限度額が高いほど金利が低くなるという事です。
一例を挙げていくと、利用限度額500万円だと年利4.6%、400万円だと年利6.1%、300万円だと年利7.1%、200万円だと年利9.6%、100万円だと年利12.6%、50万円以下だと年利14.6%ということになります。
実際はもっと細かい分類がされていましたが、どこの会社も同様の流れになっています。
クレジットカードにおいても、場合によっては利用限度額が高いほど金利が安くなる事がありますが、一般的には同じ金利になるのではないでしょうか。
50万円以下の融資であれば、カードローンとクレジットカードのキャッシング枠でそんなに金利が異なるわけでもありませんが、利用限度額が高くなるにつれて、カードローンとクレジットカードのキャッシング枠との金利の差が出てきます。
カードローンの良さとしては、利用限度額が高くなるにつれて金利が低くなるというのが魅力的だと思うところです。
利用限度額が高いということは、基本的には信用されているという事を表しているように思います。
カードローンの利用限度額が高くなって、金利が低くなるという事は、クレジットカードのキャッシングを使用しなくても済むということになります。